エビデンサー Lawより証拠,おひとりさまの防犯術,クレームストーカー対策マニュアルの著者、あひるうさぎ のシークレットブログ2011年6月15日フジテレビ系列ベストハウス123ゲスト出演しました!2012年関西テレビ ウラマヨにて特番放送されまいした!
2006年9月20日のテレビ朝日の夕方のニュース番組・スーパーJチャンネル・新怒りの導火線にてエビデンサーの密着取材が全国放映されました!!!!!
2008年10月26日朝日放送ビーバップハイヒール、エビデンサー特集視聴率10.3%獲得御礼!ノビナガ、どーもきにななる!解禁暴露ナイト、わたしのなにがイケないの?などマスコミ取材多数!世界中を奔走するエビデンサー!武蔵野学院大学客員教授の平塚俊樹のブログです!業務案内はhttp://www.h-agency.jp/をご覧ください!エビデンサーのホームページはこちら!http://www.evidencer.jp/

セクハラ被害者を救う会
http://nritaro.blog103.fc2.com/

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
一番の日本の法制度の欠陥は裁判制度 08:36
JUGEMテーマ:日記・一般
みなさんこの事実知っています?全然どこも報道しない内容ですが、裁判所のことです。

1、有識者の意見は証拠採用(有識者の嘘はありえません)
2、警察の供述調書の内容は証拠採用(供述調書がうそなんてありえません)
3、ハンコの偽造なんてありえません
4、証拠がなければ事実はどうかはわかりませんが、裁判では負けます、ご愁傷様です。
事実と違う判決なんかあたりまえですよ。なのにコンプライアンス重視が正義なんて言っているわけです。大笑いですよ。

オリンパス事件はまさに日本の縮図ですよ。日本のコンプライアンスではあれは合法ですよ。
1、海外の案件は属地が異なるため、取り扱わない
2、監査法人(有識者)が合法といえば合法(前項の1の原理です)

ところが海外ではこうはいきません。アメリカなんか他国のことであろうがアメリカの法律はどこまでも適用されます。さからったら戦争や経済制裁です。ほかの国も犯罪に関しては本当に厳しく追及をします。

日本は証拠なかったらコンプライアンス上、合法。結果、大企業や社会的に認知されている有名企業がまるで組織犯罪みたいなことをする異常事態になっちゃっているわけです。

裁判所だって警察だって地域住民の理解なくして存在できないんですよ。事実と違うあきらかにおかしい行動を司法や行政が行ったときは地域住民でその機関を追い出さなくては自分の生活は守れませんよ!今、日本人に求められるのは地域の人間力!これがない地域は司法や行政を利用した組織犯罪者に確実に潰される時代です。



 
| あひるうさぎのスクープ情報 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ahiruusagi -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://ahiruusagi.ttuk.jp/trackback/1043531
<< NEW | TOP | OLD>>